激白!あなたの隣のミラバケッソ

ミラバケッソ(未来に化ける新素材)は、意外と身近なモノに使われているんです。そんな製品に、黒島さんたちが突撃インタビュー!

第6回ゲスト:自動車さん
あなたのガレージにも、ミラバケッソ!?

自動車第一号は、◯◯◯◯第一号でした。

「激白!あなたの隣のミラバケッソ」! 第6回目のゲストは、自動車さんです!パチパチパチ〜。

どうも、こんにちは。

自動車さんって、生まれはどちらなんですか?

自慢じゃないですが、フランスです。

すごいドヤ顔ですね(笑)

私こと自動車の始まりは、蒸気の力で走る「蒸気自動車」と言われています。

機関車と同じってことカイ?

ご名答! 時は遡ること1769年。フランス陸軍の技術大尉が蒸気三輪自動車を発明しました。

それが起源なんですね!

ちなみに、この自動車は旋回が困難な代物でした。スピードも時速3kmほどしか出せませんでしたが、パリ市内を試運転中に塀に衝突。つまり、自動車の交通事故第1号でもあるんです。

そんな昔から、ハイブリッド!?

時代とともに進化していった自動車さん。エコカーも、すっかりおなじみの存在ですよね。

はい。日本では、ハイブリッドカーのおかげでエコカーという存在が広まっていったと思います。そのハイブリッドカー、実はとっても古くから存在したんです。

50年前くらいカイ?

いいえ、1896年です。

そんなに昔から!

はい。研究段階のものでしたが、現在のハイブリッドと同じ仕組みだったそうです。エンジンで発電し、電気モーターで走行する。

普及しなかったのカイ?

技術的なことやガソリン車の普及で研究が下火になったんです。

そして、長い時間をかけて進化して、今は街中にエコカーが走ってますね。

ミラバケッソ!

未来の車に、クラレが乗っています。

今も進化しつづけるエコカー。そのひとつが水素で走る燃料電池車であり……

クラレの<ジェネスタ>が使われてる!

はい!燃料電池車の心臓でもある発電装置部分に使われ、発電装置の軽量・薄型化に貢献しているんですよ。

ミラバケッソ!

しかも!クラレが世界で唯一工業化した素材。

私も運転してみたいな!あ!

どうしました?

免許、持ってなかったです(笑)

まずは、免許取得がんばってください。

自動車さん、貴重なお話ありがとうございました!

もっとくわしく